アウトドア コンロ 選び方

アウトドア用コンロの選び方

アウトドアで使うコンロには燃料や形状によって幾つかの種類に分かれます。
どれを使うかはそれぞれのシチュエーションによってことなりますから、
正しい選び方とはいつ、どこで、どんな風に使いたいのかをまず考えることから始まるでしょう。
ここではアウトドア用コンロの選び方について考えてみたいと思います。

 

アウトドア用コンロは、固形アルコール燃料、ガス、ガソリン、灯油といった燃料の違いで分けることができます。
固形アルコール式のコンロは、缶の蓋を開けてアルコールに火をつけるだけ、
その上にやかんを乗せれば簡単にお湯を沸かすことができます。

 

手軽さという点ではこちらがトップだと思いますが、ただ火力が弱く風などで直ぐに火が消えてしまうのが弱点です。
それで日帰りでちょっとした登山などを楽しむ時に適しているかと思います。

 

ガスバーナーは、アウトドア用品として一番広く利用されているコンロでしょう。
ガスバーナーなら火力もあってそれでいてガソリンと比べると安全ですし、使い方も簡単です。
ガスバーナーの形状としては、バーナーの数によってシングルバーナーとツーバーナーとがありますが、
これは使用人数によって決めるのが賢い選び方でしょう。

 

ガソリン式のコンロは火力が非常に強く気温にも左右されませんが、扱い方が難しいのが欠点です。
日ごろの手入れも必要ですので、こちらは長期の登山などに使用すると良いでしょう。"