アウトドア ガスバーナー 比較

アウトドアガスバーナーの種類と比較

キャンプなどアウトドアでコンロを使うのなら、恐らく大抵の人がガスバーナーを選ぶと思います。
しかし同じガスバーナーでもカセットコンロに使用されるCB缶とアウトドア用として売られているOD缶で比較してみると、
随分価格が違いますよね。
キャンプなどのアウトドアシーンでは、CB缶は使えないのでしょうか。

 

そもそも、これらのガスバーナーの基本的な違いは、中に充填しているガスの種類です。
主なガスの種類として「ブタン」「イソブタン」「プロパン」があるのですが、これらを比較してみましょう。

 

「ブタンガス」はBC缶に充填しているもので、一番価格の安いものです。
ブタンガスの沸点は−0.5℃で、使用する場所の気温が5℃以下になると燃焼が不安定になってきます。
「イソブタンガス」は一般にアウトドア用ガスバーナーに充填されているガス。
沸点は−11℃なのでかなり寒い所でも安定して使用することができます。
「プロパンガス」は沸点が−43℃のガスですから、日本で使用する限り燃焼が不安定になることはありません。
ただし安全性を考慮して、プロパン100%のガスバーナーというのは作られておらず、他のガスとミックスしたものが売られています。

 

このように比較してみると、気温が5℃以下になるような環境でなければ、キャンプでもCB缶を使えると言うことが分かりますね。
ただ、OD缶の方が雰囲気が出て良いと思いますよ。