アウトドア ガスバーナー 使い方

アウトドアガスバーナーの使い方と注意点

アウトドアで食べる料理はどれもいつも以上においしく感じますよね。
それでちょっとした登山などにもアウトドア用のコンロがあるとすごく便利。
アウトドア用のコンロには、固形アルコール燃料、ガス、ガソリンなど燃料によって様々なものがありますが、
例えばそれ程長期間でないちょっとした登山やキャンプなどにはガスバーナーがおすすめ。
固形アルコール燃料式より火力が強いですし、ガソリン式ほど使い方も難しくありません。

 

ガスバーナーはバーナーとカートリッジ式のボンベから成っています。
使い方は至って簡単。
まず折りたたまれたガスバーナーのゴトクを広げ、カートリッジの蓋を外してバーナーと接続します。
後はバルブのツマミを少し回して点火し、着火したらツマミでガスの強さを調節します。

 

とてもお手軽なガスバーナーですが、使い方で一つだけ注意することがあります。
と言うのは、ガスが燃える時には周囲の熱を吸収しなければならず、
従って気温の低い場所ではガスが不完全燃焼を起こしてしまいます。
それで気温の低い高山などでは使わないようにしてくださいね。